空腹の効果的利用|栄養や中性脂肪を安定させた痩身|数値を過度に下げるのは危険

栄養や中性脂肪を安定させた痩身|数値を過度に下げるのは危険

ダイエット
このエントリーをはてなブックマークに追加

空腹の効果的利用

ウエスト

本来の目的とメカニズム

現代では簡単なダイエット効果を期待できる方法の1つとして、断食が注目されていると言われています。ただし断食もやり方や認識を間違えると、様々なリスクもある方法だとされます。また体に影響がある方法であり、向く人と向かない人に分かれるとも言われています。そもそも断食とは、一定時間は水分以外の摂食を控える事で、様々な効果を呼ぶ行為とされます。断食によって起きる効果とはいわゆるダイエット効果として考えられている減量よりも重要な2つの効果が挙げられます。それは内臓機能を休める事と、体内の老廃物を排出する事との2点が主となっています。内臓機能が回復した結果、体内の代謝や循環が良くなり、余分な栄養素の消費や排出にも繋がる、というのが本来のメカニズムとされます。

より効果を上げるために

したがって効果を上げるためには、いくつかの点で注意や工夫が必要な方法だとも言われています。まず断食は一定時間、食品からの栄養素摂取を制限するため、必要な栄養を摂るべき人には向かないと言われています。具体的にはBMIが18.5を割り込むほどに痩せすぎな人や、病気や体調不良を抱えていたり投薬を受けたりしている人、幼児や妊婦・生理中、等の人は避けた方が良いとされます。また脳卒中経験者の人も避ける事が推奨されています。また断食はあくまで内臓機能への働き掛けを狙いとするため、内臓機能の手助けとなるビタミンやミネラルを含む飲み物であれば、適度に摂取した方が良いとされます。普段の食事からの摂取による水分量も含めて、断食中は1日2リットル程度の水分摂取が必要とされています。その他、断食の前後は内臓の極端な負荷の増減を避けるために、食事は少しずつカロリーを減らしたり戻したりする事が重要です。また内臓活動量の低下による冷えを補うために軽い散歩をする、等の点も、効果的な対処として挙げられています。